開催済

VPoE登壇・成長するエンジニア組織のマネジメントについて語ろう

#エンジニア#組織#マネジメント

あらゆる企業においてエンジニアの重要性が高まり続け、今や「全ての企業はIT企業」とも言われる時代。日々数多くのエンジニア組織が生まれ、凄まじいスピードで成長しています。

一方、エンジニアの組織づくりに課題を抱える企業も少なくありません。

エンジニア組織の課題はビジネスモデルや組織規模などによって様々で、それによって必要とされるマネジメント手法も異なります。にもかかわらず、エンジニア組織のマネジメントのナレッジはまだ少ないのが実情です。マネジメント手法は数多く存在しますが、それがどんなチームにとって有用なのかはあまり体系化されていないのです。

様々なマネジメント手法を取り入れたとしても、それが組織の実態とマッチしていなければ十分な効果は発揮されません。マネージャーが行わなければならないのは、新たな手法を探すことではなく、あなたのチームにとって最適な方法を見つけ出すことです。

今回のイベントでは、実際に成長を遂げるチームのマネージャーが何を考え、どうやってメンバーの成長と生産性を最大化させたのかを、事例に基づいて語っていただきます。異なるビジネスレベル、組織規模の、エンジニア組織マネージャーをお呼びしております。今まさにマネジメントで課題を抱えている方も、これから組織のマネジメントに取り組む方も、登壇者の話からだけでなく、その後のディスカッションの時間でも情報交換を行い、有意義な時間にしていただければ幸いです。

イベント概要

おすすめ対象者
今エンジニアのマネジメントをしていて課題を感じている人
これからエンジニア組織のマネジメントをしようとしている人
組織の規模やビジネスモデルは不問です

テーマ
成長するエンジニア組織のマネジメントについて語ろう
日時
3月26日19:00~21:30
定員
25〜30名
参加費
無料
持ち物
名刺
対象
社会人(エンジニア、エンジニア組織のマネージャー)
場所
秋葉原UDX4F LIFWORK秋葉原

登壇者

門田 矩明 株式会社CyberZ

2012年サイバーエージェント中途入社して、14年に子会社のCyberZに出向してからずっとF.O.X(運営注:株式会社CyberZのスマートフォンアプリマーケティングツール)。サーバサイドやったり、プロダクトマネージャやったりした後、今は人事と採用と広報を兼務しててカオス。エンジニアリングマネージャーとかVPofEは一瞬名乗ったけど、バズワード過ぎて止めた

笹亀 弘 アシアル株式会社

2007年にアシアルへ中途入社。エンジニアとしてPHPにてシステム構築に携わり、プロジェクトマネージャとしてもエンジニアと兼務で、いわゆる「何でも屋」。最近は、プロジェクトマネージャー・メンバーのアサイン管理・プロジェクトの全体を見るような統括業務をしながら、たまにコーディングしたい病が発病するため、こっそりコーディングをして治療をする日々を過ごす。

丸山 直樹 株式会社Mewcket

5年勤めたSESを退社し、2018年にMewcketへ入社。
前職で組織づくりに興味を持ち、より初期の段階から組織を作り上げていく経験を積みたいと思い、スタートアップを選んだ。まだマネージャー歴は浅いが、「エンジニアが楽しく成長していける組織づくり」を目指して日々勉強中。今はプロジェクトマネージャーや設計をしつつ、フロントとバックエンド共にガリガリ書きまくっている。

タイムテーブル

19:00 ~ 19:15
受付
19:15 ~ 19:20
ガイダンス
19:20 ~ 19:40
一人目LT + 5分質疑応答
19:40 ~ 20:00
二人目LT + 5分質疑応答
20:00 - 20:05
休憩
20:05 ~ 20:25
3人目LT + 5分質疑応答
20:30 ~ 21:00
懇親会
21:30
完全撤収

※タイムテーブルは調整中のもので、変更になる可能性があります。

アクセス

秋葉原UDX4F LIFWORK秋葉原

参画・登壇企業 SPONSORED BY

abeja
accenture
media labo by 朝日新聞
cyber agent
gunosy
Hitachi
idom
pwc
softbank
unilever
zozo