参加受付中: 募集締切 8/30(金)19:00

NLP Competition 〜 非公開データを用いた自然言語処理コンペティション

#コンペティション#自然言語#ハッカソン

PROJECT FEATURE プロジェクトの魅力

NLP Competition 〜 非公開データを用いた自然言語処理コンペティション

朝日新聞社提供の非公開データを用いた、自然言語処理コンペティションを開催します。コンペティションで設定されるテーマは、メディアの最前線で実際に取り組まれているもので、単なるコンペティションではなく、実際のサービスへの活用を意識した課題解決のプロセスを学ぶことができます。

メンターとして参加するのは、国内外で自然言語処理に関する多くの文献の発表や講演、自動要約生成APIや朝日新聞単語ベクトルなどの研究資源の公開も行なっている「朝日新聞社メディアラボ」人工知能研究チームのメンバーです。同ラボ・メディアイノベーションチームリーダーである田森氏をはじめ、自然言語処理をビジネスで活用する新進気鋭の研究者3名が参加します。

ハイレベルなメンタリングのもと、自然言語処理に興味がある学生さんは大きく成長するチャンス、すでに自信のある方はぜひこのコンペティションで自身の力を試してみてください。

メンター紹介

田森 秀明
メディアラボ 主査、博士(情報科学)

2003年朝日新聞社入社。製作本部東京発送部、システムセクションなどを経て現職。2015年7月~2016年6月スタンフォード大学アジア太平洋研究所客員研究員。メディアラボ・メディアイノベーションチームリーダー。

人見 雄太
メディアラボ兼情報技術本部開発部

東京工業大学大学院修了(奥村・高村研)。自然言語処理が専門で、主に校正・要約の生成に取り組んでいる。2016年、朝日新聞社入社。

田口 雄哉
メディアラボ兼情報技術本部開発部

2017年奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科修了。大学院では自然言語処理の研究に従事。同年、朝日新聞社に入社。

PROJECT OUTLINE プロジェクト要項

イベント要項・募集要項

主催
朝日新聞社メディアラボ
株式会社Mewcket
概要
当日発表されるデータとテーマに基づきモデルの精度を競うオフラインコンペディション
賞金
最優秀者:賞金5万円(1名)
優秀者:賞金3万円(1名)
以下、複数の賞品あり!
※賞金はAmazonギフト券での進呈となります。
日時
2019/9/7(土) 10:00~18:00・8(日) 10:00~19:00
2日間通しての開催となりますので、両日のご参加をお願いいたします。
会場
朝日新聞社メディアラボ渋谷分室
東京都渋谷区神宮前6-19-21 BCG神宮前PROPERTY4F
募集人数
20名
応募者多数の場合、Peakersマイページに入力されたプロフィールを元に選考を行う場合がございます。
応募資格
大学生・大学院生
服装
自由

TIME TABLE タイムテーブル

◆1日目

9:30
開場
10:00
開会式
11:00
ワーク
12:30
ランチ
13:30
ワーク
18:30
1日目終了

◆2日目

10:00
集合、ワーク
12:30
ランチ
13:30
ワーク
16:00
最終スコア評価、アンケート等
17:00
成績発表等
17:30
懇親会
18:30
閉会
19:00
参加者完全撤収

参画・登壇企業 SPONSORED BY

abeja
accenture
media labo by 朝日新聞
cyber agent
gunosy
Hitachi
idom
pwc
softbank
unilever
zozo