参加受付中: 募集締切 9/6(金)19:00

学生×日立製作所×データサイエンス企画 第2弾! 電力消費量予測ハッカソン「Energy」

#機械学習#ハッカソン#コンペティション

PROJECT FEATURE プロジェクトの魅力

日立製作所主催の大学生・大学院生向けハッカソン、Peakers Academy Hitachi Cup シリーズ 第2弾「Energy」

Peakers Academy Hitachi Cupは、株式会社日立製作所とPeakers Academyの共同企画です。2019年9月から10月にかけて、全4回の機械学習ハッカソンを予定しています。日立製作所の各事業領域にちなんだ、毎回異なるテーマで開催します。

ハッカソン第2弾のテーマは「エネルギー」。機械学習を用いて、電力消費量と気候のデータから特定年の電力消費量を予測し、その精度を競います。探索的データ解析から戦略策定、モデル作成・分析、改善など一連の流れを、個人戦・1dayで戦うコンペティション形式のハッカソンです。

AIや機械学習の知識があり、腕に覚えのある大学生・大学院生のみなさんのご参加を、心よりお待ちしています! 応募者多数の場合は抽選となりますが、状況によっては定員等調整の可能性もありますので、どうぞお早めに参加をお申し込みください。

こんな学生の方におすすめ

  • ハッカソンで機械学習の腕試しをしたい方
  • データサイエンティストの仕事に興味のある方
  • AIや機械学習に興味があり、同じ志を持つ仲間と交流を深めたい方
  • 日立製作所のデータサイエンスに興味がある方

日立製作所について

日立製作所の事業分野は、IT、エネルギー、インダストリー、モビリティ、ライフと多岐にわたります。また、AIやビッグデータ分析といったデジタル技術(IT)に加えて、制御・運用技術(OT:Operational Technology)やプロダクトを有する、世界でもユニークな企業です。

ビッグデータ・AI(人工知能)の活用も進めています。「データを照らす」という意味を名前に込めたサービス「Lumada(ルマーダ)」は、OT=現場のデータとIT=ビジネスデータから生成されるデジタルデータを収集し、人工知能などのテクノロジーを用いて、業務課題や環境課題など様々な課題に対してソリューションを提供します。

メンタリング / サポート

ハッカソン当日、日立製作所に所属するデータサイエンティストが、メンターとして会場に常駐します。ワーク時間中、困ったときや助言がほしいとき、その場でメンターに話しかけてコミュニケーションを取りながら課題に取り組むことができます。

メンター・参加者との交流

成績発表後に、懇親会の時間を設けています。メンター陣や、AIや機械学習について語り合える同年代の学生参加者たちと、ぜひ交流を深めてください。

PROJECT OUTLINE プロジェクト要項

イベント要項・募集要項

主催
株式会社日立製作所
株式会社Mewcket
概要
海外のオープンデータを用いてモデルの精度を競うオフラインコンペティション
賞品
優秀者には日立製作所オリジナルグッズを進呈!
日時
2019/9/13(金) 10:00~20:00(開場9:30)
会場
ダイアゴナルラン東京
東京都中央区八重洲2丁目8-7 福岡ビル4F
※遠方の方は交通費の補助がございますのでご相談ください。
募集人数
30名
応募者多数の場合は抽選となります。
抽選結果は9/6までに、メールにてご連絡いたします。
応募資格
大学生・大学院生
服装
指定なし
持ち物
普段開発にお使いのノートPC

TIME TABLE タイムテーブル

9:30
受付開始
10:00
開会式
11:00
ワーク
12:30
ランチ
17:00
エンジニアによる講義
17:30
審査、成績発表
18:30
懇親会
20:00
完全閉会

参画・登壇企業 SPONSORED BY

abeja
accenture
media labo by 朝日新聞
cyber agent
gunosy
Hitachi
idom
pwc
softbank
unilever
zozo